調べてみた更年期障害

  • HOME
  • 調べてみた更年期障害

調べてみた更年期障害

若医者のところへ行ってから、更年期障害について勉強していきました。
(この年齢になるとなかなか頭に入ってこず、苦労しましたが。苦笑)

その段階ですでに旦那には「更年期障害でときどきしんどい」ということを話しており、家事を良く手伝ってもらうようになっていました。
旦那に改めて感謝するようになりましたね。良かったです。「家族っていいな」と一番感じたのはこのときかもしれません。

更年期障害について調べて分かったことをちょっとまとめておきます。

更年期障害の原因は?

更年期障害になる原因は主に加齢によって(若医者の言っていたとおり)ホルモンバランスが変化することだそうです。
そもそも「更年期」ってなんだ?と気になったので調べると、45-55歳の約10年間のことをさすそうです。
(年を更新する、みたいな意味が入っているのかなと勝手に思ってます。)
代表的な症状は以下の10個です。

  1. 顔がほてる
  2. 汗をかきやすい
  3. 腰や手足が冷えやすい
  4. 息切れ、動悸がする
  5. 寝つきが悪い、眠りが浅い
  6. 怒りやすく、イライラする
  7. くよくよしたり、憂うつになる
  8. 頭痛、めまい、吐き気がよくある
  9. 疲れやすい
  10. 肩こり、腰痛、手足の痛みがある

この10個の中でわたしはこの1、2、8に該当するかと思います。
(7のうつ病も入っているか微妙なところでしたが、薬を飲んで元気がでたので、うつではないかと思ってます。)

また、女性週刊誌のSTORYに毎号「有名人による更年期障害の体験談」が載っています。
STORYによると、ひどい人では「幻覚」をみたりするそうで、きちんと向き合っていかなければなかなかしんどい病気であることも良く分かります。